×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

葬儀葬式の情報比較サイト『葬式家老』

葬式葬儀の情報や葬儀社の比較紹介などをします。

人気葬祭サービス

葬儀葬式などの葬祭サービスは、かつてほとんどが「言い値」で行われていました。私も何度か喪主を経験したことがありますが、だいたい病院常駐の葬儀屋さんにお願いし、だいたいの価格を提示され、さらにチップのような業界特有のサービスなど、よくわからないうちに高額になってしまいます。そんなトラブルを防ぐには事前に葬式について知識を持っておくことが必要です。以下に紹介する葬儀サービスは価格面での透明性を意識したものが多いので参考にしてみてください。
イオンのお葬式
イオンのお葬式
イオンのお葬式はイオンの企業理念である「お客さま第一」に徹し、要望に応えるプランをイオン価格で用意。価格にこだわったお葬式プランが人気。
イオンのお葬式
イー葬儀葬式センター
イー葬儀葬式センター
「お葬式でこれをしてはダメだというものはありません。"何をしなくてはいけないではなく、何をしてあげたいかが重要〟」がモットー。
イー葬儀葬式センター
小さなお葬式
小さなお葬式
本当にこのような出費が必要なのでしょうか?という疑問に答えたのが「小さなお葬式」。総額を予め提示してくれるので安心な葬祭サービス。
小さなお葬式
コムウェルセレモニー
コムウェルセレモニー
コムウェルは、他社への支払い金額も当社見積りに含めて総額表示しています。他業種では当たり前のことを葬祭サービスで実現しています。
コムウェルセレモニー

一般的なお葬式にかかる費用は?

葬式にかかる費用は地域によっても風習が違ったりすることで変化しますし、お坊さんに支払うお布施の金額によっても大きく変わってきます。
葬儀のやり方も家族葬など小さな葬式を選ぶことも珍しくなくなりましたが、一般のお葬式でかかる費用の相場の平均は120万円から150万円で、お布施などを合わせると約200万円ほどになるといわれています。最低でも100万円ほどかかると考えておくとよいようです。
お葬式で必要な物は、棺と祭壇をあげることができます。その他にも遺影や位牌、骨壷は最低限必要になるでしょう。また火葬場などの斎場の使用料や霊柩車やマイクロバスの手配、そして飲食代やお花代などいろいろと必要なものは増えていきます。葬式の規模や香典などにもよりますが、香典返しや心付けなど終わった後もお金がかかることがたくさんあるのです。
このように必要な物の費用を合計していくと平均の約150万円ほどの金額になってしまいます。

格安葬儀サービスの特徴は?

格安葬儀サービスの特徴は、費用を節約できつつ、365日24時間の相談受付や説明体制がしっかりしていることです。即ち、費用を節約できる葬儀は、不安を感じることなく「安心できる内容」になっているのです。
つまり、格安のお葬式といっても、お通夜や告別式をしない「直葬プラン」、ご遺族や親しい親族だけでお葬式をする「一日葬プラン」や「家族葬プラン」があり、お葬式の内容を確認して「選択できる」ことも大きな魅力です。言い換えれば、格安だからという「不安」を感じることなく、故人やご遺族の希望にあった費用やプランを選べるのです。
ちなみに、費用を節約できるお葬式を希望する人が非常に増えており、その証拠に、費用を節約できるお葬式プランを取り揃えている葬儀社は全国レベルで増えています。もちろん、費用を節約できるプランでも、寝台車で病院やご自宅までお迎えすることはスタンダードな内容になっています。また、ドライアイス・棺・仏衣等も、しっかり準備されていることも大きな特徴なのです。

生前葬とはどういう葬儀なの?

世の中は絶えず変わっていくものです。人の意識の変化も同様でどんどん変化していくものです。それに伴い、習慣や行事なども変化していきます。今まで当たり前だった行事が行われなくなったり、今までありえなかったことが行われてきたりもします。葬儀も人の意識の変化とともにどんどん変化しています。生前葬もそのうちのひとつです。葬式を生きている間に起こるというのは縁起が悪いなどの理由から今まであまり普及していませんでしたが、現代ではかなりの人に受け入れられており、これからもどんどんそうした人が増えてくると予想されています。
そもそも生前葬の歴史は江戸時代までさかのぼります。江戸時代にとある藩主が行ったとの記録が残っています。生前葬は、自分が生きているうちに葬儀を行うことで、今までお世話になった人や縁がある人たちにお礼を言いたいという気持ちから行われることが多いものです。生前葬は送られる人と送る人にとっても大切なイベントになることでしょう。

葬式葬儀TOPイオンのお葬式イー葬儀葬式センター小さなお葬式コムウェルセレモニーお葬式のマナーこのサイトについて